メニュー

協会概要

CSOとは

CSO(Contract Sales Organization)とは、製薬企業等との契約により医薬品等のマーケティング・販売活動に関わる一連のサービスやソリューションを提供する企業のことです。
医薬品産業を取り巻く環境が大きく変化するなか、CSO発祥のイギリスをはじめとする欧米諸国では、製薬企業の戦略オプションとして、CSOの活用はなくてはならないものとなっています。

主要各国におけるCSO活用動向

日本CSO協会概要

名称 日本CSO協会
(英文総称)Japan Contract Sales Organization Association
協会事務局 〒108-0074
東京都港区高輪 4-10-18 京急第1ビル
(クインタイルズ・トランスナショナル・ジャパン株式会社 内)
直通電話 03-6859-9727
設立年月日 2011年6月1日
会員企業数 8社
役員構成 会 長 清水 昇
(クインタイルズ・トランスナショナル・ジャパン株式会社 代表取締役社長)
副会長 阿部 安孝
(アポプラスステーション株式会社 代表取締役社長)
理 事 木﨑 弘
(シミック・アッシュフィールド株式会社 社長執行役員)
監 事 昌原 清植
(ACメディカル株式会社 代表取締役副社長)
法務・ガイドライン
運営委員長
大矢 敏靖
(アポプラスステーション株式会社)
人事・教育
運営委員長
田口 達也
(アポプラスステーション株式会社)
広報・マーケティング
運営委員長
中田 清史
(クインタイルズ・トランスナショナル・ジャパン株式会社)
設立趣意
  • CSO、コントラクトMRの価値向上による良質な医療と健やかな未来あしたへの貢献
  • 業界としての信頼確立
  • 業界の地位、認知度向上による優秀人財の安定的供給体制の確立(採用、育成、リテンション)
主な活動内容

日本CSO協会設立理念の実現のため、以下の3つの運営委員会を運営し、具体的な活動を推進します。

日本CSO協会活動内容

日本CSO協会組織図

日本CSO協会組織図

会則

日本CSO協会 会則(PDF)2015年4月10日付

ロゴマークに込めた想い

製薬業界、医療現場、患者様、そしてCSOを模した4つの輪―
私たちは、その一つひとつの繋がり合いを大切に、“良質な医療”と“健やかな未来あした”の担い手であることを自覚し、さらなる成長・発展をめざしてまいります。
イメージカラーには、安全・安心を意味する緑と、知性・情報の青を配し、医薬品の適正な使用・普及という社会的使命を表現いたしました。