メニュー

ごあいさつ

顧客ニーズの高度化・多様化に対応し、さらなる質の向上と包括的なサービスで
医薬品産業のパートナーであり続けます

日本CSO (Contract Sales Organization: 医薬品販売業務受託機関) 協会は、医薬品産業のアウトソーシングパートナーとして、医薬品のマーケティング・販売における革新的で高品質なソリューションの提供とCSO産業の健全な発展を通じて、“良質な医療”と“健やかな未来(あした)”への貢献をめざすCSO企業の団体として、2011年6月に設立されました。

世界的に医療や医薬品産業を取り巻く環境が大きく変化するなかで、CSO発祥のイギリスをはじめとする欧米諸国では、製薬企業の戦略オプションとして、CSOの活用はなくてはならないものとなっています。

わが国においては、1998年に初めてCSO事業が開始されてから今年で20周年を迎え、CSO協会各社に所属するコントラクトMRは3,515人となり、全MR数の5.6%を占めるまでに成長を遂げてまいりました。
超高齢少子社会の進展、社会保障費の逼迫、医療の高度専門化と地域包括化など、大きな環境変化への対応が迫られる昨今、製薬企業各社も転機を迎えております。そのような中、CSOの活用方法もより戦略的なものとなり、今まで以上に多様なサービスやフレキシブルな対応が求められています。

また近年、MSL(メディカル サイエンス リエゾン)、看護師・薬剤師など臨床経験を有するクリニカル エデュケーターなどの専門職の他、医療機器担当者や地域包括ケアシステム推進をサポートする職種など、CSOに対するニーズも幅広くなっています。特定の製品や領域、エリアを包括的に請け負うCSOマネジメント型サービスをはじめ、メディカル戦略やマーケティング戦略の立案サポートを行うプロジェクトなど、先進的なモデルも活用されています。
阿部安孝さらに、製薬業界だけでなく、ヘルスケア関連企業にもすそ野が拡がり、結果として2017年度は、CSO協会各社を活用いただける企業数は過去最高の116社となりました。
このような環境の中で、近い将来、日本のCSO市場も、欧米の水準(アウトソーシング率10%以上) へ拡大することが見込まれております。

日本CSO協会は、変革する医薬品産業の真のパートナーとして、ますます高度多様化するニーズに対応するべく、業界全体でさらなる質の向上に取り組み、医薬品の適正な使用・普及を推進し、わが国におけるヘルスケア向上に寄与できるよう努めてまいります。

阿部安孝

2018年4月 日本CSO協会
会長 阿部安孝